16年総評

さて忘備録的な意味も含めて16年の総評を残しておこうと思います。

まずは何よりもスタッフ・参加者・協力者の方に謝意を述べたいと思います。
お陰様で何とか1年を乗り越える事が出来ました。
ありがとうございます。
来年も色々と企んでいますので
お付き合い頂ければ幸いです。

・オープン定例会
 平均参加人数が24.6名
去年が20名程だったことを考えると平均で5名程増えていることになります。
最初の発足時が10名前後であったことを考えると
会場に見合った人数になって来ているのは喜ばしい事です。
また、女性コンの影響もあり女性の参加人数も
徐々にですが増えている事も良い事だと思います。
 逆に悪い点はやはりGM数の不足でしょうか。
今年よりGM(成立が条件)は無料として来ましたが
GM数が若干不足気味になる事が多かったと思います。
これに関しては参加者側にも頼らなければならないのが実情なのですが、
何かしら良いアイデアがある方がいらっしゃったらご教授頂ければ幸いです。
 あと微妙な問題としては収支の問題でしょうか。
毎回収支報告していますので目を通している方はご存知だと思いますが、
現状毎回若干のマイナスが出ています。
まだ先の話とは思っていますが、
私が代表を引退しなければならない時が来た時には
出来れば「会場費+告知費(500~1,000円)」を計上して
ペイできる環境を作りたいと思っています。
そうなると平均30名強の参加者が必要になってくる計算になります。
 来年の展望としてはオープン定例会に関しては
このまま地道に開催して行くしかないかなと考えています。
来られた初心者さんを迎え入れる良い雰囲気があるので
それも維持していけるようにしたいと思います。

・オープン定例会
 今年はグランクレストRPGを全6回で行いました。
去年は冒険者の宿という箱を用意して
あとは各GMが個々の依頼という形で自由に設定していました。
今年はストーリー性を重視した舞台を用意して
状況によれば一発で国が滅びるという状況にしてみました。
 2~3卓連動したシナリオや
シナリオで題材になった物が他のシナリオで活用されたり。
2回に渡って別々の卓で登場していた黒幕が
最終話でド派手に暴れたりと
ストーリーが連動していた分
セッション後の話も色々盛り上がっていたのは良かったと思います。
 悪かった点は2点
1つは後半高レベルセッションだった為に
初参加の方が入りにくいセッションになってしまった事。
もう1つは各卓のシナリオの内容を纏めきれなかった為に
1回お休みすると話の流れが掴みきれなくなる事があった事です。
 全体的に見れば楽しんでいただけた方が多かったようですが
課題は課題として次回以降に活かしていきたいと思います。
 来年の展望ですが、
来年は片道勇者TRPGを展開していきます。
去年今年はPCの成長やストーリーを重視して行きましたが。
来年はライブRPGのように皆でワイワイ言いながら遊べる形を模索します。
特に虎猫からの挑戦と称して悪巧みをしていますので
来年もお付き合いいただければ幸いです。

・くろねこ亭
 女性向けイベントという事でコンベンションと定例会を開催させて頂きました。
これに関しては会が始まると虎猫は一切関知できないので
スタッフ及び協力して頂いている方に感謝という感じです。
 5月のコンベンションが26名、
9月の定例会が天候不順にも関わらず13名。
女性コンを切っ掛けにTRPGを始めた方やオフセを始めた方が
いらっしゃった事は良かった事だと思います。
また、通常の定例会やコンベンション等での
女性の比率が上がってきているのも良かった点だと思います。
 悪かった点は…現場を直接見ていないのでよくわからないというのが正直な所です。
敢えて言うなら、やはりGMの数がもう少し欲しいかなという位ではないでしょうか。
 来年の展望ですが、
参加者の方からは引き続きやって欲しいとの要望を受けておりますので
取敢えずの方針としては年1のコンベンションと年2の定例会
という形で定着させて行きたいと思っています。

・TRPGコンベンション虎猫の穴
 今回で4回目となりました。
参加者数93名(PL73、GM9、ゲスト2、スタッフ9)。
第1回が32名(PL21、GM3、ゲスト1、スタッフ7)だった事を考えると約3倍です。
 今回告知範囲を大幅に広げた事により初めてTRPGをやる方が10名
オフセ初参加という方まで合わせれば2割強の方が居たようです。
コンベンションに向けた準備も滞りなく、
当日の運営も予定通りであったことを考えると
コンベンション開催の総合的なノウハウは
一定の完成を見たと言えるのではないでしょうか。
 運営面で悪かった点は特に見当たらなかったというのが正直な所です。
会場内での声の問題等は
卓配置の工夫やテクニックで多少は改善できるかもしれませんが
それ以上は会場のキャパシティの問題なので対応には限界があるのも事実です。
ただ、現状コスト・キャパシティ・段取りの総合面で
さざんぴあ以上に優秀な会場が現行無いのもまた事実となります。
 来年の展望ですが、
まずは年明けの定例会後の打合せで
17・18年のコンベンションを開催するかの決定からです。
この規模でこのクオリティのコンベンションを開催するのは
個人の力では無理です。
そして初心者さんが来て楽しいと思って貰うためには
このクオリティの維持が必要かと思います。
そういった理由でコンベンションの開催を
スタッフの総意に委ねています。
もし開催が決まったらゲストの腹案はありますので
お楽しみにして頂ければ幸いです。

・他サークルとの提携
 2月にカフェ&バーフロンティア様のふろんてぃあテーブルゲームフェス
7月にASOコン様のグループSNE・冒険企画局提携記念コンベンション
にて共催させて頂きました。
 両方とも新たなユーザーの開拓や対外的なアプローチという面では
有用な共催だったと思います。
 良かったのは虎猫の穴の運営力を示せたのは良かったと思います。
 悪かったのは相手にスケジュール管理の重要性を理解して貰えなかった事です。
両方直前になって不足が出て来たり計画外の事案の連絡が滞った事で
慌てた場面があったのは問題だと思います。
 来年の展望ですが
取敢えず1/29にフロンティアさんとの合同企画を進行中です。
それ以外はサークルとして提携予定はありませんので
そういう話が出た段階で考えようと思います。

・総評
 今年も色々と動いて来ましたが
一番大きかったのは
福岡市文化振興部にTRPGを「その他文化活動」として認めて頂き
後援を頂けた事でしょうか。
これにより今後の活動にも色々展望が見えてきました。
 来年は当面は5月の女性コンに加え
7月の(仮称)親子でアナログゲーム会に向けて
色々準備をしていきたいと思います。
 また以前も言っていましたが、
コンベンションや後援取得のノウハウについて
個人的に相談して貰えれば
当サークルが持っている情報はお伝えします。
現在も2サークルさんからオファーを受けて
一部情報を開示している所です。
ご興味ある方はお気軽にご相談下さい。

さて、冒頭でも言いましたが
来年も突き進んで行きたいと思いますので
ご支援・ご教授の程宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

12/11イベント定例会

更新日時16/10/16

開催日程:2016年12月11日(日曜日)
開催会場:福岡市立東市民センター 視聴覚室
参加費用:300円(未成年無料)
連絡先:toraneco@jcom.home.ne.jp
テーマを決め、そのテーマに沿ったセッションを行って行きます。
16年は「グランクレストRPG キャンペーン定例会:セフィロ島興亡記」
詳しくはこちら

9:30開場
10:00キャラメイク開始
12:00開会
18:30閉会
19:00閉場
・キャラクター作成が必要な方は10時までにご来場下さい。
レギュレーションを確認し、キャラクターを予め作成できる方は
12時の開会までにご来場下さい。
また、当日来場してからのキャラクター作成については
9レベルのサンプルキャラクターから選択し
それをレベルアップさせて行く形になります。
・閉会はイベントが終了時点で行います。
閉会では最終的な報告会を行います。
・今回のGMはスタッフサイドで準備いたします。

第6回レギュレーション
・レベル:13
・付与経験点:340
作成ルールはこちらを確認して下さい。


トレーラー
 セフィロ島を歴史の陰より操り、不和の種を撒いてきた「天使」。
ジルクと仲間達の活躍により、各国のわだかまりが消え
ティファレトの旗の下に各国が纏まりつつあった。
しかし、それを良しとしない天使達は自ら軍団を率いて
各国の首都へ舞い降りた。
 天の導きの無い者には傷つけることの出来ぬ天使軍団を相手に
ジルクと仲間達は抗う事が出来るのか?

セフィロ島興亡記、最終話
「セフィロ島最後の日」
セフィロ島の歴史が今終わる。

続きを読む

プロフィール

虎猫

Author:虎猫
福岡県福岡市近郊で活動しているTRPGを中心とした卓上ゲームサークル「虎猫の穴」のブログです。
コンベンション・定例会の告知や
サークルからの様々なお知らせはこちらで行っていきます。
連絡先:toraneco@jcom.home.ne.jp

カテゴリ
最新記事
リンク
FC2掲示板
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR