15年イベント定例会

2015年の2・4・6月のイベントテーマは
「ソードワールド2.0 キャンペーン定例会:冒険者の宿繁盛日記(略して繁盛日記)
です。

これは全3回(好評なら追加で3回)予定の企画で、
好評の為15年通年での企画となりました。
出入自由のキャンペーン風のセッションとなります。
参加者は辺境の開拓町に新設された冒険者の宿「影の灯火亭」に所属する冒険者となり。
各GMが持ってきた依頼を見た上で、他の冒険者に声を掛け、
即席パーティーを結成し依頼に挑む。という形で進行していきます。
依頼の成否によって宿や町がヴァージョンアップして行くギミックも用意しますので、
徐々に成長して行くキャラクターと町を見て、
キャンペーンに参加しているかのような楽しみを得られるはずです。
スポンサーサイト

イベント定例会

2015年から実験的に新設されるのがイベント定例会です。
この定例会は何かしらテーマを決め、そのテーマに沿ったセッションを行って行きます。
そして、必要であれば複数月に跨って行っていく予定です。
開催は偶数月第2日曜日となります。
詳しい日程・開催場所は
告知カテゴリイベント定例会の記事をご覧下さい。

GMはイベントの状況により変わります。
告知及びイベント用の特設ページを確認下さい。

現在は会場使用料の頭割り相当額として
参加費を300円(未成年無料)頂戴しております。
また、GMが成立した方には参加費をバックさせて頂きます。
また、各回終了後ホームページにて収支報告をさせて頂きます。
もし、参加費の総計に余剰分が出た場合、
他の回の不足分及びコンベンションでの会場費に
充てさせて頂きますのでご了承下さい。

例)
特定のシステムやゲーム会社のオンリーコンベンション等

第2回コンベンション総評

事前準備編

・スケジュールについて
今回のゲストコンについては、
実は2月頭からFEAR様へはスケジュールの打診を行っていました。
これは、当方が開催したい日程に合わせて頂く為の処置でしたが、
早めに動く事によって、
ホテルの予約等様々な場面で先手先手を打つことが出来たので、
後の進行が非常に楽でした。
逆に冒険企画局様の参戦は急ピッチで行われたので、
ホテルの確保等にかなり苦戦させられる事になったのは反省点です。

・日程について
これはよく尋ねられるので書いておきます。
11月の第4週にしている理由ですがいくつかの理由があります。
去年今年と連休が取りやすかった。
出版の事情で年末進行の書籍の初稿が11月中旬になる為、
丁度この時期に僅かな空白が出来やすく、ゲスト様の都合が付き易い。
福岡市の市民センター及び交流センターの抽選発表が3か月前の月半ばになります。
もし、この抽選に漏れた場合、
近隣の施設の空き状況や最悪私営の会議室の確保が必要になり、
その準備が半月~1カ月程かかります。
さらに会場確保が終わり、
ポスターの準備→告知の行き渡りまでに1カ月程かかります。
上記のような事を考えた時に定例の第2週では
(30日前の)予約開始までに告知が間に合わなくなる可能性があり、
第4週開催で行っています。
ただ、やはり第4週開催は一部の方より不評のようですので、
スタッフと打合せどうするか指針を決めて行きたいと思います。

・組織について
今回は去年から1名追加し8名体制で運営しました。
去年と同様、代表1名の下にサブリーダー2名を置き、
その下に他のスタッフを置くという形を取りました。
組織体系を明確にする事により、
サークルとしての決済能力の向上や
指示系統や・割分担も明確化しメリットが大きかったと思います。
虎猫の穴のコンベンション運営では
急ぎでは無い事案は月1程度で行われる定例会議でスタッフ全員の協議により決定
急ぎの事案は代表とサブリーダーの3名の協議で決定し、後日定例会議でスタッフへ報告
という体制を取っています。
また、代表・サブリーダーは定期的に情報共有を行い、
万が一誰かが欠けてもフォローが利くようにしております。

・告知について
今回も去年と同様、県内外各コンベンション・県内ドラゴンブックサポートショップ・地域FMラジオでの告知を行わせて貰いました。
また、今年は夏よりツイッターを導入し、そちらでも告知を行ってきました。
良かった事は、
ラジオ告知により以前TRPGをやっていた方の掘り起し&初心者発掘が増えたのは大きなメリットでした。
また、ツイッターの導入によりコンベンションへは出て来ない方と繋がり告知が出来た事、
そしてコンベへの質問等に柔軟に対応出来た事は大きなメリットでした。
逆に悪かった事は、
ドラゴンブックサポートショップの店舗案内の更新がおそらく10月頭に行われたのですが、
それに気付いたのが10月終わりだった為、新規加入店舗へ告知のお願いをしに行く事が出来なかった事。
後は、各書店からの告知効果が低かった事でしょうか。
ある大型書店様に置かせて頂いたチラシは100部ほぼ配布できた事を考えれば、
これは用意しているポスター(チラシ)が目に留まり辛いという事ではないかと考えます。
イラスト等を挿入できれば目に留まりやすいとは思いますが、
スタッフにイラストを描ける人が居ない、
イラストを入れると伝えたい情報量が減るか文字サイズが小さくなる、
という問題もあり、次回の大きな課題になりそうです。

・定例会議
月1回ペースで5回行いました。
もっと頻繁に行うべき(去年は半月1回のペース)という意見も出ていたのですが、
去年の資料を残していたので決める事も少なくこのペースで十分だったかと思います。
また、去年の会議内容を残していた為、会議時間も少なくて済んだ事も良かったと思います。
逆に当日になって齟齬が出た場所が何ヶ所かあった為、そういった点は
次回摺り合わせを十分行う必要がある場所として議題に挙げたいと思います。


コンベンション編

・司会
今回はトークショー含めて出ずっぱりでした。
お聞き苦しい点も多く申し訳ありませんでした。
来年は別のスタッフに司会をお願いしても良いかと思っていたりもしますが、
立候補が居るかが不安といった所ですかね。

・会場誘導
今回は特に混乱もなく行えたと思います。
一つ挙げるとすれば、
会場入口に固まり過ぎていた気もするので、もっと分散しても良いかとは思いました。

・受付
こちらも特に大きな混乱もなく行えました。
前回要望のあった遅刻対応も上手く捌けたので良かったと思います。
また、インフォメーションボードや貸出品の受付もシッカリやって貰えたのも良かったと思います。

・トークショー
如何だったでしょうか?
トークショーは1カ月程ゲスト様と打合せを行ってきたので、楽しんで頂けたなら幸いです。
FEAR様・冒険企画局様、両企業特色の出た面白いトークショーになったのではないかと思います。

・卓分け
こちらも前回要望が多かった為、希望を取りました。
卓分け自体は参加者様のご協力もあり
大きな混乱もなく順調に行えたと思います。
現在の定員(40名前後)であれば、このやり方で問題は無いと思いますが、
将来的に定員が増えてきた場合は、また対策を考える必要が出てくると思います。
また、卓発表については、スタッフ間の齟齬が目立ち案内通りに行えなかったのは申し訳ありませんでした。
この件は次回計画時に定例会議で問題解決を図っていきたいと思います。

・換気
今回お借りした会場は非常に換気がし辛い会場だった為に気を使いました。
室内の換気扇及びエアコン送風を全開にし、
1時間半おきに換気するようにしたのですが如何だったでしょうか?

・お菓子・飲み物
正直に言いますと意図して用意した物ではありませんでした。
前日のスタッフセッションで持ち寄った物の余りと、
差し入れで頂いた物の組み合わせでした。
好評だった為、悩むモノの継続的に行うのは現状難しいと言わざるとえません。

・参加者プレゼント
これも意図して用意した物ではありません。
有志の方が好意により準備できた物に各ゲストへサインを頂いた次第です
好評だった為、悩むモノの継続的に行うのは現状難しいと言わざるとえません。


総評編

・コンベンション全体について
ゲスト様や参加者様の感想を拝見している限り好評だったようで何よりです。
虎猫の私見としても十分及第点を頂けるコンベンションだったと思います。
しかし、上記のように課題もありますので、
これに満足せずにより良い物を作り上げて行きたいと思います。
また、参加者が増え、特に若い方が急増した形になります。
人が増えてくると人間関係のトラブルという物が表面化してくると考えます。
そういった問題の対策も今後必要になってくると考えています。
また、ご指摘を頂いた内輪化についてですが、
これはこういうコミュニケーションゲームである以上、
ある程度は仕方ないと考えています。
ただ、新規参加者を排するような風潮が蔓延する事が問題だと思います。
そうならない為に、新規参加者を歓迎する雰囲気をスタッフ側から声をかけて作っていければと思います。
また、女性参加者も増えて来ていますので、
できれば女性スタッフを1~2名増やしたいとは考えています。
(宛がある訳では無いのですが)

・金銭面について
よくお尋ねされるのでメモ書き程度になりますが残しておきます。
今回のゲストコンベンションでかかった費用は約240Kとなります。
2回目の開催という事で、開催準備に要した費用は大幅に下がりましたが、
ゲストが2名になり、宿泊数も2泊(前回1泊)になった部分にて
大幅な費用増となりました。
尚、スタッフセッションのお菓子代及び当日スタッフ・ゲスト・GMへのお弁当代は
代表虎猫のポケットマネーから出ていますので、上記には含まれていません。

・終わりに
諸般の応援のおかげで第2回のコンベンションも無事に開催する事ができました。
第3回の開催については、実はまだ決まっていません。
これは、結成時に2回目までの開催は必ず行う事を明言した為、
3回目の開催についてはスタッフの協力が得られるかが不透明だからです。
虎猫個人としては開催したいと考えていますが、
スタッフの協力が得られなければ現行のような体制での開催は無理ですし、
私の個人開催になってしまうようでしたら、
開催する意味は無いと考えています。
実際一部スタッフより辞する旨を受けています。
1月の定例会後に第3回への信を問うて行きたいと思いますので、
そこは続報をお待ちください。

第2回コンベンションレポート

会場設営~予約受付までは順調に行われました。
GM希望で参加して頂いたお二人も設営を積極的に手伝って頂き感謝感謝。
今回から導入した予約者の遅刻対応も上手く機能しておりホッと一息。
去年少しトラブルがあった当日受付も恙なく行え、
今年は時間通りに開会式を始める事が出来ました。
開会式~トークショーと流れていき長丁場になる予定でしたので
途中一度小休止を取ってみたのですが、如何だったでしょうか?
小休止の後にゲスト卓の抽選を行いました。
これは、去年は受付で行っており、疑問が上がっていたので
今回はゲスト様に前に出て来て頂き、抽選を行うという形式に変えました。
ゲスト紹介も一緒にできて一石二鳥で好評だったようです。
代表挨拶は去年と同じ内容
「熟練者へは初心者が居た時にちょっとした配慮を
初心者へはその事を勇気を持って告げて欲しい」
と参加者へお願いしました。
これはオープンな場でのTRPGプレイには必要な心構えと思いますので、
根付かせて行きたいと思います。

そして、午前中最大の目玉である久保田悠羅様のトークショーへ突入。
詳しい内容は公表しないでと注意がありましたので表題のみ
①久保田流TRPGの楽しみ方
②リプレイを書く時のポイント
③システムデザインを行う時のポイント
④FEARの今後の新作・新企画情報
の4点でお話頂きました。
どの話も非常に面白く、為になるお話も多かったと思います。
また、リプレイ発表の場も増えている為か、
何らかの形でリプレイ執筆に取組んだ事のある方が4割近くおり、
さらにシステムデザインを考えた事のある方も1割強いらっしゃった事も
私としては興味深いと思いました。

次にメインのTRPGセッション
成立卓は11卓中7卓でした。
以下代表が聞いた限りの話
・アリアンロッド2E(ゲスト卓)
噂の関根ダンジョンという事で戦々恐々。
チュートリアル戦闘ではGMのダイス目が走り大苦戦
ラスト戦闘ではGMのダイス目が死に楽勝だったとか。
・迷宮キングダム(ゲスト卓)
TRPG初体験の方を含み、全員迷キン初めてだったとの事。
非常に盛り上がったようで、
時間ギリギリまでワイワイセッションをしておられました。
・艦これRPG
初心者対応シナリオだった為、シナリオの進行は特に問題無。
ただ、ヒロイン役のNPC少年をお気に召さなかったようで、
最後まで「殴りたい」とか「殴って良いですか?」という発言が飛び交っていました。
・ナイトウィザード3rd
熟練PLばかりだった為、ボスがフルボッコという悲しいお知らせが届いておりました。
シナリオは楽しかったようで時折大きな笑い声が巻き起こっていました。
・シノビガミ
あまり詳しい話は届いていないのですが、
面白いギミックが満載だったようです。
・SW2.0
こちらも全員SW初で初心者も多かったとの事。
「楽しんで貰えたけど、疲れた」とGMがグッタリしていました。
・ログホライズンTRPG
こちらも熟練者ばかりの卓だった為、早々に終了。
あまりに早く終わり過ぎた為に、ブラッドムーンも行えたそうです。
一粒で2度美味しい!

TRPGセッション終了後は桜葉星菜。様のトークショーへ突入。
今回冒険企画局様よりご準備頂いたのが、
その名も「せなっぱランダムインタビュー表」なる物。
その場まで、桜葉星菜。様も司会も内容は見ておらず、
ガチアドリブで桜葉星菜。様の素の反応に皆が爆笑するという
素敵なトークショーでした。

閉会式、最後まで参加して頂いた方へのサプライズとして、
有志の方より賜ったプレゼント抽選会へ移行。
匿名希望の方もいらっしゃるので名前は挙げませんが、
提供して頂いた方々に感謝感謝。
内容は
・ドラゴンアームズのリプレイ(カノープス×1、歌姫×2)
・キルデスビジネス
・アリアンロッド2E基本ルールブック1・2
・艦これRPG 着任の書
・両ゲストのサイン色紙×2
どれも関係するゲストへサインを頂いた物でした。
当選された方、おめでとうございます。

閉会後、様々な温かいお言葉を頂きました。
人によっては「JGCより凄かった」など言って頂ける方も…
閉場処理をしながら横目で見ていましたが、
ゲストへサイン貰ったりする方
コッソリ裏話を聞きに行く方
別のイベント主催者へ詳しい話を聞く方
参加者同士で連絡先を交換する方
等々。
共通したのは皆さん笑顔だった事、
開催して良かったなと思う一瞬でした。

虎猫の穴では、来年も色々チャレンジをしていく予定です。
お付き合いして頂ける方はお付き合いして頂ければ幸いです。
プロフィール

虎猫

Author:虎猫
福岡県福岡市近郊で活動しているTRPGを中心とした卓上ゲームサークル「虎猫の穴」のブログです。
コンベンション・定例会の告知や
サークルからの様々なお知らせはこちらで行っていきます。
連絡先:toraneco@jcom.home.ne.jp

カテゴリ
最新記事
リンク
FC2掲示板
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR