17年総評

今年も忘備録的な意味を込めて総評を書きます。

まずはスタッフ・参加者・協力者の方に謝意を述べたいと思います。
お陰様で何とか1年を乗り越える事が出来ました。
ありがとうございます。
来年も色々と考えていますので
お付き合い頂ければ幸いです。

・オープン定例会
 平均参加人数は32.2名となりました。
ほぼ常時30名を越える方にご参加頂けるようになりました。
GM数や未成年者数を鑑みた場合の
損益分岐点が30名前後である事を考えれば
オープン定例会に限って言えば
安定した運営が出来ていると言えます。
 問題であったGM数も呼びかけや
イベント定例会の特典目的の方が増えた事もあり
常時10卓近くの立候補がありました。
多すぎではないかと言う意見もありますが、
私としてはこれ位の割合の方が
卓の選択に自由度が出て良いと思っています。
 来年の展望としては
このまま継続していくしかないと思っています。
また初心者さんが参加しやすい施策があれば
どんどん取り入れていきたいと思います。

・イベント定例会
 平均参加人数は25.83名となりました。(GM含む)
 今年は片道勇者TRPGを行いました。
一昨年去年とは趣を変え
ライブRPG感の強い遊び方を行いました。
皆でワイワイ遊べるという意味では
成功したイベントだったと思います。
勝ち取った冒険企画局オンリーコンベンションも
水面下で準備を進めてまいりますのでお楽しみにして下さい。
 問題点は
やはり終了時間をオーバーしてしまったのが
全6回中3回になってしまった事でしょう。
特に今回は1卓で長くなると全員に影響が出てしまうので
そういった意味でももっと早く対策を行う必要があったと思います。
また上のオープン定例会でも書きましたが
イベント定例会では微妙に赤字が続いた結果となりました。
 元々考えていた事でしたが
来年からはグランドGMを後進に譲り
一歩引いた所から進行を見守る形となります。
不安が無いと言えば嘘になりますが、
意欲的に取り組んでくれているので
どうなっていくか楽しみでもあります。
お手すきの方は是非お付き合い頂ければと思います。

・定例会全体
上でも少し書きましたが定例会全体で見ると
オープン定例会でプラスが出て
イベント定例会のマイナスを埋めるという形で
トータルでみると若干のプラスで終わっています。
ただ去年にも言いましたが
最終的に告知のチラシ代等を鑑みて
会場費プラス500~1000円程度を
経費として計上したいと考えています。
来年は現状維持で様子を見ますが
再来年辺りは若干の値上げを検討するかもしれません。

・くろねこ亭
 女性向けイベントのくろねこ亭も今年で2年目の活動です。
2年目からはスタッフも大幅増員(前年比2倍)することになりました。
参加人数も大幅なベースアップがあり順調だと言えると思います。
 問題点を挙げるなら
折角立ち上げたTwitterアカウントがあまり機能していない点でしょうか。
実際9月の定例会では
当日朝にアカウント向けに問合せがあったモノの
誰も気付かず対応できなかったという事がありました。
取り敢えず推移を見守るしか出来ませんが
このような事態が続くようであれば
何かしらの手を打たなければならないかな
とも考えています。
 来年も年1回のコンベンションと年2回の定例会を
継続して行っていく予定ですので
宜しくお願い致します。

・しろねこ会
 今年初めて若年層向けに開催したのがしろねこ会です。
結果は半分成功と言う所でしょうか。
参加者27名でしたがその殆どが
6~10歳のお子様と保護者という組み合わせでした。
実際に触れて貰い
親御さんにアナログゲームの魅力や可能性を感じて貰えたのは
大きなプラスだったと思います。
 課題としては中高生の参加が0だった事を考えて
そういった層へのアプローチをどう行うかだと思います。
一応告知用のイラストを工夫するなどは考えていますが
良いアイデアをお持ちの方は是非ご教授い頂ければ幸いです。
 来年も7月末か8月頭に開催予定です。
しろねこ会はスタッフ数を多めに募集していますので
ご協力して頂ける方は是非お願い致します。

・TRPGコンベンション虎猫の穴
 今回が節目の5回目となりました。
始めた当初は数回で終わると
面と向かって言われた事もありましたが
なんとか続けてこれたのは皆様の応援の賜物かと存じます。
参加人数で言うと92名(PL69、GM8、ゲスト2、スタッフ13)。
前日から当日にかけて急激に冷え込んだこともあり
例年よりキャンセル(5名)が多かった年でもありました。
 今年は何と言っても予約開始から1日持たず
初期定員の60が埋まってしまったのが
印象的であり問題でもありました。
これにより諦めてしまった初心者の方も
多かったのではないかと言うのが最大の懸念です。
初心者枠の設定をしてはどうなのかと言うご意見も頂きましたが、
初心者の線引きをどこで行うのか?
初心者枠に応募してきた経験者へのペナルティをどうするのか?
等の課題も多く、
人気が高まれば高まる程禍根が深くなる問題ですので
対策を考慮している状況です。
 また会場のキャパシティのご指摘を頂いた方も複数いらっしゃいました。
ただ現状、コスト・キャパシティ・段取りの総合面で
さざんぴあ以上に優秀な会場が無いのも事実となります。
コスト面を考慮しないのではあれば
2つほど目星を付けている会場はあるのですが、
倍のキャパシティで10倍のコスト
4倍のキャパシティで20倍のコストがかかり
現実的には難しいと言わざるを得ません。
 上記の問題や運営面での別の問題も考慮して
今年の閉会の挨拶に発表させて頂いたのが
来年より運営費の負担を外部に求めるという方法です。
重複する話になりますが
現状コンベンションの運営費は虎猫が殆ど手出ししている状況です。
予算と言う意味では現状が一杯であり
これ以上拡大は難しい状況であります。
また、これから10回・20回と長く続けていく為には
組織の引継も考えて行かなければなりません。
その為にも虎猫の出資率の引き下げは絶対条件となってきます。
相応の参加費を徴収すれば良いというご意見もよく頂きます。
例えば今回の規模のコンベンションを参加者の方にご負担頂いた場合
1人頭4~5K程度の参加費になります。
これだけの金額がかかってしまっては
友達を気軽に誘って参加出来るコンベンション
と言う当初の理念と相反してしまうでしょう。
そこで出来る人が出来る範囲で運営費を賄って行く
と言う形での体制を作って行ければと考えております。
正直来年にいきなり全て上手く行くとは考えていません。
数年かけて手直しをしながら進めていく事になると思います。
これを読んでいる方の中で
当サークルの理念に共感して頂ける方が居れば
出来る範囲で構いませんのでご協力頂ければ幸いです。

・総評
 今年も色々ありました。
ただハッキリ言えるのは
毎年一歩ずつ確実に良い方向へ向かっているという自信はあります。
来年やらなくてはならない事
そしてこれから先を見据えて取り組んで行かなければならない課題
やる事は山積みですが、焦らず進んでいければと思います。
 また以前も言っていましたが、
コンベンションや後援取得のノウハウについて
個人的に相談して貰えれば
当サークルが持っている情報はお伝えします。
現在もあるサークルさんからオファーを受けて
一部情報を開示している所です。
ご興味ある方はお気軽にご相談下さい。

来年も突き進んで行きたいと思いますので
ご支援・ご教授の程宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

第5回コンベ:アンケート結果

参加者数77名(GM含む)、内70名にご回答頂きました。
ご回答頂いた方ありがとうございます。

1.あなたの年代を教えて下さい。
①10代:2名
②20代:32名
③30代:21名
④40代:13名
⑤50代:1名
⑥60代以上:0名

コメント:3年連続20代が最多になりました。
今年は10代が少なめでした。
日程がテスト前だった事にも影響があるのかもしれません。


2.あなたがTRPGをプレイする頻度を教えて下さい。
①今回が初めて:3名
②昔に何度か:2名
③年に何回か:23名
④月に何回か:40名

コメント:今年は初めての方が減少しました。
やはり予約受付が初日で締め切られたのも大きな影響だと思います。


3.あなたがTRPGを知ったキッカケは何ですか?(複数回答可)
①リプレイを読んで:23名
②小説を読んで:3名
③友達に誘われて:30名
④紹介記事やコラムを読んで:5名
⑤その他:19名
(動画、部活・サークルに入って、コンシュマーゲームから)

コメント:友達に誘われて始めるというパターンが最多でした。
当コンベンションの趣旨の一つとして
周りのTRPGをしていない友人を気軽に誘って参加できる。
という事もありますので、上手く利用して頂けると幸いです。
また、動画が切っ掛けという方がその他の内13名と
比較的大きなウェイトを占めています。
やはり動画の力が侮れない強があるのだと思います。
また今年新しいパターンとしては、
他のジャンルより流れて来たという方も数名いらっしゃいました。


4.このコンベンションを知ったキッカケは何ですか?
①他のコンベンションでの告知を聞いて:22名
②書店等でのポスターを見て:11名
③友達に誘われて:21名
④公共施設でチラシを見て:2名
⑤ラジオで聞いて:0名
⑥インターネットで見て:7名
⑦ツイッターで見て:18名
⑧インターネットラジオ等を聞いて:0名
⑤その他:6名(主催に聞いて)

コメント:相変わらず多いのは①の他のコンベンションでの告知でした。
ただ③の友達に誘われてというのも増えているので
当コンベンションをうまく利用してくれているようで嬉しく思います
 また注目する点としては、
今回のコンベでTRPG初めてやったの方が公共施設でチラシを見て
という回答が3名と公共施設で知った方の大半を占めました。
今年から福岡市の後援を頂戴して、
告知範囲が大幅に増えたことに起因していると思います。


5.今回の会場である多目的ホールの感想をお聞かせ下さい。
①良かったの意見で多かったのが
交通の便の良さ、会場の広さ、トイレの利用しやすさでした。
②悪かったの意見で多かったのが
寒かった、昼食場所が狭かったと言った意見でした。

コメント:良かった意見としては会場の利用しやすさが多かったです。
また、去年問題として挙がっていた他の卓の声の問題ですが、
今年は配置を工夫したのと参加者の方のご協力もあり
特にきかれませんでした。
悪かった意見として寒かったという意見が多かったです。
当日寒波の為気象条件が悪かった事もあります。
膝掛けに使えるフリースを用意していたのでその辺りの周知と
当日天気が良いような神頼みしかできないのが現状ですね。


6.今後当サークルへどのようなイベント・活動を期待しますか?
コメント:多かったのはコンベンションを継続して続けて欲しいという物でした。
閉会式の挨拶でもお話させて頂いた通り、
次回より長く続けていける為の施策を取っていく予定です。
ご協力できる方はご協力をお願いします。

7.すがのたすく様へのコメントをお願いします。
8.桜葉星菜。様へのコメントをお願いします。
コメント:ここで頂いたコメントは纏めて各ゲストへお送りします。


9.今回のコンベンションについての率直なコメントをお願いします。
コメント:こちらは目を通して改善できる点は改善させて頂きます。

16年総評

さて忘備録的な意味も含めて16年の総評を残しておこうと思います。

まずは何よりもスタッフ・参加者・協力者の方に謝意を述べたいと思います。
お陰様で何とか1年を乗り越える事が出来ました。
ありがとうございます。
来年も色々と企んでいますので
お付き合い頂ければ幸いです。

・オープン定例会
 平均参加人数が24.6名
去年が20名程だったことを考えると平均で5名程増えていることになります。
最初の発足時が10名前後であったことを考えると
会場に見合った人数になって来ているのは喜ばしい事です。
また、女性コンの影響もあり女性の参加人数も
徐々にですが増えている事も良い事だと思います。
 逆に悪い点はやはりGM数の不足でしょうか。
今年よりGM(成立が条件)は無料として来ましたが
GM数が若干不足気味になる事が多かったと思います。
これに関しては参加者側にも頼らなければならないのが実情なのですが、
何かしら良いアイデアがある方がいらっしゃったらご教授頂ければ幸いです。
 あと微妙な問題としては収支の問題でしょうか。
毎回収支報告していますので目を通している方はご存知だと思いますが、
現状毎回若干のマイナスが出ています。
まだ先の話とは思っていますが、
私が代表を引退しなければならない時が来た時には
出来れば「会場費+告知費(500~1,000円)」を計上して
ペイできる環境を作りたいと思っています。
そうなると平均30名強の参加者が必要になってくる計算になります。
 来年の展望としてはオープン定例会に関しては
このまま地道に開催して行くしかないかなと考えています。
来られた初心者さんを迎え入れる良い雰囲気があるので
それも維持していけるようにしたいと思います。

・オープン定例会
 今年はグランクレストRPGを全6回で行いました。
去年は冒険者の宿という箱を用意して
あとは各GMが個々の依頼という形で自由に設定していました。
今年はストーリー性を重視した舞台を用意して
状況によれば一発で国が滅びるという状況にしてみました。
 2~3卓連動したシナリオや
シナリオで題材になった物が他のシナリオで活用されたり。
2回に渡って別々の卓で登場していた黒幕が
最終話でド派手に暴れたりと
ストーリーが連動していた分
セッション後の話も色々盛り上がっていたのは良かったと思います。
 悪かった点は2点
1つは後半高レベルセッションだった為に
初参加の方が入りにくいセッションになってしまった事。
もう1つは各卓のシナリオの内容を纏めきれなかった為に
1回お休みすると話の流れが掴みきれなくなる事があった事です。
 全体的に見れば楽しんでいただけた方が多かったようですが
課題は課題として次回以降に活かしていきたいと思います。
 来年の展望ですが、
来年は片道勇者TRPGを展開していきます。
去年今年はPCの成長やストーリーを重視して行きましたが。
来年はライブRPGのように皆でワイワイ言いながら遊べる形を模索します。
特に虎猫からの挑戦と称して悪巧みをしていますので
来年もお付き合いいただければ幸いです。

・くろねこ亭
 女性向けイベントという事でコンベンションと定例会を開催させて頂きました。
これに関しては会が始まると虎猫は一切関知できないので
スタッフ及び協力して頂いている方に感謝という感じです。
 5月のコンベンションが26名、
9月の定例会が天候不順にも関わらず13名。
女性コンを切っ掛けにTRPGを始めた方やオフセを始めた方が
いらっしゃった事は良かった事だと思います。
また、通常の定例会やコンベンション等での
女性の比率が上がってきているのも良かった点だと思います。
 悪かった点は…現場を直接見ていないのでよくわからないというのが正直な所です。
敢えて言うなら、やはりGMの数がもう少し欲しいかなという位ではないでしょうか。
 来年の展望ですが、
参加者の方からは引き続きやって欲しいとの要望を受けておりますので
取敢えずの方針としては年1のコンベンションと年2の定例会
という形で定着させて行きたいと思っています。

・TRPGコンベンション虎猫の穴
 今回で4回目となりました。
参加者数93名(PL73、GM9、ゲスト2、スタッフ9)。
第1回が32名(PL21、GM3、ゲスト1、スタッフ7)だった事を考えると約3倍です。
 今回告知範囲を大幅に広げた事により初めてTRPGをやる方が10名
オフセ初参加という方まで合わせれば2割強の方が居たようです。
コンベンションに向けた準備も滞りなく、
当日の運営も予定通りであったことを考えると
コンベンション開催の総合的なノウハウは
一定の完成を見たと言えるのではないでしょうか。
 運営面で悪かった点は特に見当たらなかったというのが正直な所です。
会場内での声の問題等は
卓配置の工夫やテクニックで多少は改善できるかもしれませんが
それ以上は会場のキャパシティの問題なので対応には限界があるのも事実です。
ただ、現状コスト・キャパシティ・段取りの総合面で
さざんぴあ以上に優秀な会場が現行無いのもまた事実となります。
 来年の展望ですが、
まずは年明けの定例会後の打合せで
17・18年のコンベンションを開催するかの決定からです。
この規模でこのクオリティのコンベンションを開催するのは
個人の力では無理です。
そして初心者さんが来て楽しいと思って貰うためには
このクオリティの維持が必要かと思います。
そういった理由でコンベンションの開催を
スタッフの総意に委ねています。
もし開催が決まったらゲストの腹案はありますので
お楽しみにして頂ければ幸いです。

・他サークルとの提携
 2月にカフェ&バーフロンティア様のふろんてぃあテーブルゲームフェス
7月にASOコン様のグループSNE・冒険企画局提携記念コンベンション
にて共催させて頂きました。
 両方とも新たなユーザーの開拓や対外的なアプローチという面では
有用な共催だったと思います。
 良かったのは虎猫の穴の運営力を示せたのは良かったと思います。
 悪かったのは相手にスケジュール管理の重要性を理解して貰えなかった事です。
両方直前になって不足が出て来たり計画外の事案の連絡が滞った事で
慌てた場面があったのは問題だと思います。
 来年の展望ですが
取敢えず1/29にフロンティアさんとの合同企画を進行中です。
それ以外はサークルとして提携予定はありませんので
そういう話が出た段階で考えようと思います。

・総評
 今年も色々と動いて来ましたが
一番大きかったのは
福岡市文化振興部にTRPGを「その他文化活動」として認めて頂き
後援を頂けた事でしょうか。
これにより今後の活動にも色々展望が見えてきました。
 来年は当面は5月の女性コンに加え
7月の(仮称)親子でアナログゲーム会に向けて
色々準備をしていきたいと思います。
 また以前も言っていましたが、
コンベンションや後援取得のノウハウについて
個人的に相談して貰えれば
当サークルが持っている情報はお伝えします。
現在も2サークルさんからオファーを受けて
一部情報を開示している所です。
ご興味ある方はお気軽にご相談下さい。

さて、冒頭でも言いましたが
来年も突き進んで行きたいと思いますので
ご支援・ご教授の程宜しくお願い致します。

第4回コンベ:アンケート結果

参加者数82名(GM含む)、内79名にご回答頂きました。
ご回答頂いた方ありがとうございます。

1.あなたの年代を教えて下さい。
①10代:7名
②20代:38名
③30代:19名
④40代:13名
⑤50代:1名
⑥60代以上:0名

コメント:去年に引き続き20代が最多になりました。
また10・20代の割合が30・40代の割合を大きく越えました。
やはり若い風が吹き始めているのでしょう。
これからもどんどん増えて行って欲しいですね。


2.あなたがTRPGをプレイする頻度を教えて下さい。
①今回が初めて:10名
②昔に何度か:4名
③年に何回か:26名
④月に何回か:40名

コメント:相変わらず月に何回かが最多でした。
話を伺うとオンラインセッションをよくやってらっしゃると言う方も多く、
今回オフラインセッションを初めてやりましたという方もチラホラいらっしゃるようです。


3.あなたがTRPGを知ったキッカケは何ですか?(複数回答可)
①リプレイを読んで:23名
②小説を読んで:3名
③友達に誘われて:32名
④紹介記事やコラムを読んで:7名
⑤その他:19名
(動画、部活・サークルに入って、コンシュマーゲームから)

コメント:友達に誘われて始めるというパターンが最多でした。
当コンベンションの趣旨の一つとして
周りのTRPGをしていない友人を気軽に誘って参加できる。
という事もありますので、上手く利用して頂けると幸いです。
 また、動画が切っ掛けという方がその他の内16名とかなり増えました。
やはり動画の力が年々強くなっているのかと。


4.このコンベンションを知ったキッカケは何ですか?
①他のコンベンションでの告知を聞いて:28名
②書店等でのポスターを見て:11名
③友達に誘われて:22名
④公共施設でチラシを見て:4名
⑤ラジオで聞いて:2名
⑥インターネットで見て:14名
⑦ツイッターで見て:23名
⑧インターネットラジオ等を聞いて:1名
⑤その他:4名(主催に聞いて)

コメント:相変わらず多いのは①の他のコンベンションでの告知でした。
ただ③の友達に誘われてというのも増えているので
当コンベンションをうまく利用してくれているようで嬉しく思います
 また注目する点としては、
今回のコンベでTRPG初めてやったの方が公共施設でチラシを見て
という回答が3名と公共施設で知った方の大半を占めました。
今年から福岡市の後援を頂戴して、
告知範囲が大幅に増えたことに起因していると思います。


5.今回の会場である多目的ホールの感想をお聞かせ下さい。
①良かったの意見で多かったのが
交通の便の良さ、会場の広さ、トイレの利用しやすさでした。
②悪かったの意見で多かったのが
GM・PLの声が聞き取り辛い、照明が暗い、配置(主に昼食場所)が分かり難いと言った意見でした。

コメント:良かった意見としては会場の利用しやすさが多かったです。
悪かった意見として他の卓の声が気になったという意見が多かったです。
去年と比べてホール内では2卓増やしておりその影響だと思います。
来年以降続ける場合の話になりますが、
現状正直悩ましい所です。
卓を間引いてプレイ環境を重視するか
参加枠を確保するかの選択になります。
現状それ程気にならなかったという意見もある事を考えると
卓数を維持して配置を工夫するしかないかなと考えています。
因みに使える机の数を考えるとこれ以上増やすのは難しいです。
会場の配置の分かり難さは見取図などを用意できないか
検討してみます。


6.今後当サークルへどのようなイベント・活動を期待しますか?
コメント:来年の開催が決定していない状況もあり、
多かったのはコンベンションを継続して続けて欲しいという物でした。
コチラについては閉会式でも少し話したように
年明け最初の定例会後の打合せにて
スタッフの総意で次の2年の開催を決める予定です。
 宿泊型イベントの要望もありました。
これも現状当サークルは初心者の発掘に軸足を置いています。
宿泊型となると参加費がそれなりの金額必要なイベントとなり
遊び方もコアな形になると思います。
将来、もっと裾野が広がり
コアなユーザーが十分量まで増えた時に
また考えたいと思います。
 2DAYS(土日)の開催をして欲しいという要望もありましたが
これについては私が代表でいる間は無理だと思います。
理由は2つあり
まず前日のクローズコンベンションは必ず行うと公約しているのと、
月曜祝日を絡めた構成にした場合は仕事上4日休むのが難しいからです。


7.大畑 顕様へのコメントをお願いします。
8.大井 雄紀様へのコメントをお願いします。
コメント:ここで頂いたコメントは纏めて各ゲストへお送りします。


9.今回のコンベンションについての率直なコメントをお願いします。
コメント:こちらは目を通して改善できる点は改善させて頂きます。

福岡市内会場一覧

更新日時16/10/21

福岡市内の会場一覧です。
各会場へのアクセス・使用の際の参考にして下さい。

〇福岡市立市民センター
和室~小規模会議室:2,000~3,000円
中~大規模会議室:4,000~7,000円

・東市民センター(みなきスクエア内)
http://www.namiki-sq.jp/
福岡市東区千早4丁目21番45号
092-674-3981

・博多市民センター
http://www.hakata-shimin.info/
福岡市博多区山王1-13-10
090-472-5991

・中央市民センター
http://www.shinko-chuo.jp/
福岡市中央区赤坂2丁目5番8号
092-714-5521

・南市民センター
http://www.shimin-ctbs.com/
福岡市南区塩原2丁目8-2
092-561-2981

・城南市民センター
http://jonan-c.net/
福岡市城南区片江5丁目3-25
092-862-2141

・早良市民センター
http://shimin-s.com/
福岡市早良区百道2丁目2-1
092-831-2321

・西市民センター
http://www.nishi-civic-center.jp/
福岡市西区内浜1丁目4-39
092-891-7021


〇コミュニティセンター
和室~小規模会議室:2,000~3,000円
中~大規模会議室:4,000~7,000円

・さざんぴあ博多(博多南地域交流センター)
http://sazanpia-hakata.com/
福岡市博多区南本町2丁目3番1号
092-502-8570

・コミセンわじろ(和白地域交流センター)
http://wajiro.info/
福岡市東区和白丘1丁目22-27
092-608-8480

・さいとぴあ(西部地域交流センター)
http://www.saitopia.info/index.html
福岡市 西区西都2丁目1−1
092-807-8900


〇TRPGで利用できる店舗
料金については各店舗にお問い合わせ下さい。

・イエローサブマリン マジッカーズ福岡店
http://www.yellowsubmarine.co.jp/shop/shop-054.htm
福岡市中央区天神2丁目7番地14号 天神シティビル3F
092-739-1970

・カフェ&バー フロンティア 薬院店
福岡市中央区大宮1丁目1−6 ホテルニューガイア薬院 2F
092-753-8869

プロフィール

虎猫

Author:虎猫
福岡県福岡市近郊で活動しているTRPGを中心とした卓上ゲームサークル「虎猫の穴」のブログです。
コンベンション・定例会の告知や
サークルからの様々なお知らせはこちらで行っていきます。
連絡先:toraneco@jcom.home.ne.jp

カテゴリ
最新記事
リンク
FC2掲示板
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR